破産の手続きまでの期間は訴訟行為という類の司法的手続きは認められています。また破産に関する作業に進んでから請求までに時間があったときには債権人によって提訴される危険性が高くなります。債権保持者側としては債権の返納もせずに、加えて破産などの法律上の対応もされないという状況であると会社内部での対応を実行することができないせいです。言ってしまえば裁判の結果どういう判決がなされようと自己破産についての申立人に債務を支払う資金はないわけです。業者もそれについては納得しており、訴訟提起などといった強引なやり方で期待通り和解決着にし返金させるなり債務者の肉親や親族に返済してもらうというようなことを目的にしている場合も見受けられます。※西暦2005年1月1日に改正となった新しい破産の法律にもとづき自己破産手続きをしたら差し押さえといった法的な手続きは効果がなくなることになるわけです。そうなると、従来の破産法の場合とは異なり裁判提起といったことをしたとしても無効になる見込みが高いということになって、実際、訴訟をしたがる取り立て会社は大体存在しなくなると考えます。そういったような側面でも、西暦2005年の1月1日の改正以降、破産申立は過去よりも利用しやすくなったといえるでしょう。支払督促によるケースですが督促とは司法が借金人にあてて借金の支払いを行えということです。スタンダードな訴訟をする流れと異なり、取り立て業者の一方的な主張を受けて行われていくためオーソドックスな審理のように時と裁判料金がかからないので、取り立て会社がよく使用する法的な手法です。督促の請求がなされたら裁判所発送の書類が送付されることになって、その書類が届いてから2週間が経過した場合取り立て屋は債務者の資産(給与などを対象として)に差押え要求がなせるようになるわけです。支払督促に対抗して異議申し立てを作ることができる際は普通の審理に移っていくことになると思います。(注意)普通な法廷闘争は長期化しがちですから免責までに判決がくだらない予測が濃厚になることは知っておきましょう。