破産申請までには訴訟の提起などの行動は認められます。さらに作業に進んで以降、申請までに無駄な時間が費やされてしまったケースには債権人から提訴される確率が増加します。債権保有者側にとっては払込もしないでかつ破産のような法律上の処理もされないという状態であれば団体内部で完了処理をやることができないのです。つまるところ訴訟の後どのような裁定が下されようとも破産についての申請人に支払う器量はないといえます。取り立て会社もそのことは認識しているので、訴訟行為というような強行なやり方で、都合よく和解決着にし返済させるなり負債者の血族に返金してもらうことなどを考えている状況もあります。(補)2005年の1月1日に改正の新しい破産法にもとづき自己破産手続きの後は差し押さえなど司法的な要請については実効性がなくなることとなります。とういうことなので、昔の破産法の際とは異なり提訴などといったことをしようと無駄に終わる見込みが高いということで、真剣に提訴をしたがる債権人はまったくなくなると考えられます。そのような文脈でも、西暦2005年1月1日に改正され破産制度は今までと比べると使用しやすくなったと考えます。支払督促のケースについてですが、支払督促という言葉は司法が債務人に向かって完済をせよという要請です。一般の訴訟をするプロセスと異なり、取り立て業者の独善的な発言を受けて行われるため普通の審理のように期間と裁判料が高くならないので、取立人がよく使う法的手段です。支払督促の申請がなされると書類が届く手順になって、その通知が送られてから2週間以上が経過した時取り立て屋は債務者の財(給与も含む)に関し差押えが可能になってしまいます。支払督促に抗して異議を出すことができる場合は、通常の法廷闘争に移っていくことになると思われます。(注)裁判は時間がかかりがちなものですので、免責までには裁決がおりない推測が濃厚になることは知っておきたいです。