自動車の保険には、読者の方もご存知だと思うのですが、等級という数字付けあります。

略さずに言うとノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、月額の掛金に大きく影響を与えているのです。

等級によって、クルマの損害保険への加入者の公平な負担を担保することが主眼としておりトラブルを発生させる可能性、クルマの損害保険を利用する確度が高ければ大きいほど保険の掛け金が増加します。

一方で事故を起こしてしまう見込みがより少なく自動車損害保険を使う可能性が低い加入者に関しては、低リスクの被保険者だとみなされることで、保険の掛け金が低額になります。

安全に乗用車を利用する利用者のほうがそうでない人より優遇される決まりだといえるためアクシデントを発生させてしまいやすい運転者には多少デメリットのあるシステムだといえます。

優良利用者と事故の可能性がより大きい利用者の保険の料金が同じ額だとフェアでないと感じてしまう利用者が多数であるため自動車保険からしても運営上のリスクを押えるために欠くことのできない枠組みだといえます。

それでは、等級というシステムが具体的にどんな枠組みなのか具体的に説明します。

まず等級というシステムには1等級より20等級まで設定されており等級が上がると月額の掛金が割引されるようになっていることが重要です。

また、1等級から3等級までは安価にならずそれどころか高くなり、アクシデントを生じさせてしまい自動車保険を利用してしまうと三等級下がってしまい、一層負担がかかるクルマの保険を払っていくことになります。

最後に新たに保険に入るケースにおいては6等級より始まりになり、その時から等級が下がるのか上がるのかは運転者次第です。

そのため掛け金を安価に抑えたい被保険者は事故を生じさせないように余裕を持った運転に努力するのがまずは一番効率的です。